敏感肌 予防 > 敏感肌を予防しよう〜敏感肌を予防する5つのポイント

敏感肌を予防しよう〜敏感肌を予防する5つのポイント

敏感肌になってしまうとスキンケアの時やメイクの時などに苦労する事になりますので、敏感肌にならない為の予防をしっかりと行う事が大切と言えます。

予防方法としては、まず規則正しい生活を送るようにする事が大切です。敏感肌になってしまう原因の一つとして生活習慣の乱れによる内的要因が挙げられます。

普段の暮らしが乱れているとそれによってお肌も弱くなり敏感肌へと進行していきますので、まずは普段の生活を改善し、内面から健康的な状態になる必要があります。どういったポイントを改善していけば良いのかと言いますと、まずはやはり栄養バランスが挙げられます。

十分な栄養を摂取してこそ内臓の働きも良くなりますし、それによって免疫力が高まったりお肌も丈夫になります。しかし、ファストフードやインスタント食品で食事を済ませてしまう方も多く、それではどうしても栄養バランスが崩れてしまい、それによって弱い状態のお肌になってしまいます。

栄養というのは丈夫なお肌を作る為の非常に重要な存在ですので、普段の食事内容を見直し、栄養バランスが悪いと感じたら改善しなければいけません。生活習慣の改善ポイントとして睡眠時間も挙げられます。丈夫なお肌を作る為には毎日しっかりと眠って傷付いた細胞を修復させる必要があります。

夜更かしをしてしまい睡眠時間が短くなってしまうと、細胞の修復活動も滞ってしまいますし、結果的にお肌が弱くなってしまいます。また、睡眠というのはただ眠れば良いという訳ではなく、時間帯も重要です。

特に敏感肌を予防する為に大切な成長ホルモンが沢山出る時間帯は大切です。成長ホルモンはお肌の生まれ変わりを促進する作用がありますので、その為にもその成長ホルモンの分泌が活発になる午後10時から午前2時の間には眠っている事が理想的です。定期的に運動を行うという事も大切です。

敏感肌になってしまう原因の一つとしてホルモンバランスの乱れが挙げられます。ホルモンバランスが乱れる事によってお肌が乾燥し易くなり、その結果敏感肌状態になってしまいます。運動を行う事でホルモンバランスを整える事ができますので、その為にもジョギングなどの運動を定期的に行うようにする事が大切です。

敏感肌を予防する為には生活習慣を改善する事も大切ですが、他にもスキンケアの際にお肌に合う基礎化粧品を使う事も大切です。お肌に合わない基礎化粧品を使う事によって敏感肌を発生させる外的要因になってしまいます。その為、自身の肌質に合う基礎化粧品を使ってケアしなければいけません。